スマートドール005 星雲永時

POSTED BY DANNY CHOO On 水 2015/04/01 17:12 JST in スマートドール

スマートドール005 - 星雲永時のお披露目です!彼は僕、ダニー・チューがデザインした1/3スケール(約64cm)のソフビ製ファッションドールです。
開発・製造は001 末永みらいや002夢乃きずなと同じ日本国内のスマートドール生産ラインで行われています。

スマートドールのことを存じないの方はスマートドールHPへどうぞ

今回はデザイン開発の進捗状況を報告。

永時は女性スマートドールと同様に、テレスコピックスタンドとエアスタンドを接続するスマートサポートソケットが備え付けられています。

永時のデザインは日本のアニメ・マンガ文化の影響を受けているので造形は細マッチョ。

永時の初期デザインプランではムキムキマッチョ(シュワルツネッガー並)になる予定でした ^^
ムキマッチョの3Dデータは今後予定しているハリウッド映画ヒーローのライセンスに活用されます。

永時の造形は3DモデリングのエキスパートDigitrevxにご協力頂きました。

スマートドールはスタンド無しでも自立できますが、安定性が増すテレスコピックスタンドがあると便利です。

エアスタンドは従来の球体関節人形では実現できなかった空中ポージングも楽々可能。

女性版と男性版スマートドールの比較。

永時がもう一体のスマートドールの肩に手を回した時、手が自然な形になるオプションハンドパーツも開発予定。

既に女性スマートドールをお持ちの場合はこんなカップルショットも...

永時君がボッチでも寂しくならないようグーハンドパーツも開発中です。上記画像はATOM 3Dプリンターで出力した出来立てホヤホヤのグーパーツ。

3Dラピッドプロトタイピングは永時の原型だけではなく、アパレル品の開発でも大活躍。上の画像は出力した靴のラストです。

3Dプリンターで出力した原型で蝋の複製品を作り、電鋳工程を経てソフビの金型が作られます。
工場の所在地は東京で、昔はリカちゃん人形の金型を作ったところでもあります。

永時は今年後半頃にリリース予定。それまでにやる事はまだ山ほどありますが、昔と違って生産ラインが整った今なら開発も順調に進む見込みです。現在は彼のカジュアルウェアと学校制服を開発中。64cm前後の球体関節人形用のアパレル品であれば、大体フィットする筈です。

良い眺めを楽しんでいる様子のアトムくん。

女性の方々からリクエストがあったのでお尻の写真も。

二人お迎えすればBLっぽいシチュも。

女性用に作ったカーゴパンツもばっちり着こなしています!

永時の身長に合わせて少し調整されていますが、内部骨格は女性版と同じミライフレームが採用されています。ミライフレームも国内の山形県で生産されています。

足の長さは女性版と同じですが、胸部は長めです。

永時を女装男子に仕立てたい場合は当社の女性用アパレルでドレスアップできます。

写真のブリーフはまだ試作品ですが、女性版も履けるデザインにする予定です。

最終製品の準備が整うまでは予約は受け付けていません。ただ、本記事で紹介したソフビボディ自体は最終版です。

スマートサポートソケットはスタンドのみならず、現在開発中のドール用乗り物(例:ロードバイク)にも使われます。

アニメライセンスの女性スマートドールを作る予定はないと明言しましたが、男性版はたくさん予定しています。個人的には夜神月(デスノート)やソリッドスネーク(メタルギアソリッド)を作りたいので、タイミングが合えばライセンス申請します。

スマートドールで作って欲しいアニメ・ゲームの男性キャラはありますか?

絶対なくてはならないらしい「ラブハンドル」(腰回りに付いた贅肉)もデザインに落とし込みました。

本記事で紹介した外皮は最終版ですが、フレームがきちんと収まるよう厚さを調整しなければなりません。この永時の外皮はちょい薄め。

僕はTシャツを着る度に浮かび上がる乳首が嫌いだったので、永時は乳首無しで造形しました。皆さんは男性乳首に拘る派?

永時君の下の膨らみは適度なサイズにしました。ずっと元気だと疲れると思うので。

永時を造形する上で最も苦戦したのは僕自身が男性の体に全く興味が無かった点ですね。どうすればセクシーな体付きになるのかが判断し辛かったです。

対して女性版スマートドールのデザインは手に取るように簡単でした ^^

女性スマートドールは現在予約受付中です。

永時の造形には個人的に結構満足していて、今後展開するライセンス企画も楽しみ!

初見さんには紹介が遅れましたが、上記画像が星雲永時のイラストで彼は「ミライミレニアム」のキャラクターです。ヘッドの原型はまだ未完成です。最も重要な部分なので、完全に納得がいくまでデザインを煮詰める予定です。準備が出来次第、写真をアップしてMiraiRoboticsのツイッターアカウントで予約開始を告知します。

スマートドールについてさらに詳しく >